野菜高騰、家庭菜園やってみたいなら?

今年の夏は、今まで以上に野菜の価格が高騰します。昨年の夏の様に8月には野菜が品物状態になります。(汗)もうひとつ今年野菜が高騰する理由があります。それは、大震災により多くの作地が失われてしまったことですね。(汗)。なんと2万ヘクタール以上もの作地がなくなってしまったと言います。(汗)。

国内で野菜が足りない場合は、輸入すれば良いと考える人も多いですよね。しかし、今は世界的にも食料不足と言うこともあります。日本がお金を出せば野菜を輸入することが出来ると言う時代ではなくなっています。今まで家庭菜園と言うと趣味として行う人が多かったと思います。野菜の価格高騰にしても、安心、安全を考えています。

そして、おいしいものを食べたい欲求を考えています。自分で作る家庭菜園が一番と言うことになりますよね。しかし、塩害、放射線による土壌汚染を回復させるには時間が掛かりますよね。夏の異常気象を考えても今後野菜が安くなる条件は見当たらないと思います。生きていく為に家庭菜園を必要とする人は、家庭菜園についての考え方を改めていく必要があると思います。必要なものを作ることですね。それが必要です。そして、限られた畑をどう活かしていけば良いのか!?その必要があります。家庭菜園の場合は、売り物ではないので均一な野菜を作る必要はないと思います。不揃いの野菜でも良いですよね。

また、多少虫が食っていても大丈夫です。おいしければ良いのですが、おいしい野菜を作る為に学習していく必要がありますよね。