夜行バスの楽しみ方はこちら

長距離移動の最安値と考えるとまず真っ先にバスを思い浮かべる人は結構多いと思います。

調べてみますと東京大阪間の移動に2000円しかかからないなど驚きの低価格が実現されているところもあります。

そしてどの路線においても移動中に適度な睡眠時間がとれるということであえてバスという交通手段を選ぶ人もいるそうなのです。

時間で比較すると新幹線や飛行機の何倍もしたりしますがかかる料金はそれだけお安いです。

都合や目的に合わせて手段を選ぶのが一番ですね。

大型車による事故がここ数年様々な場所で起きています。

大きく取り上げられていたこともあり気になっているという人も多いかと思います。

高速道路では車はその名の通り一般道と比べてもスピードを出して走っています。

技術的にも大きな車はそれだけで動かすのが難しいですしスピードにのるほどに大きなパワーの塊と化します。

事故の確率自体は突出して高いわけではないというお話もありますが人間の技術に頼って動かす乗り物であることも一因となっていざとなると大きな事故になり得るのかもしれません。

交通手段は様々ありますがその中でも夜行バスはその格安の料金設定にメリットを感じている人も多いかと思います。

では一方でデメリットはどんなことが考えられるでしょうか。

まず一番気になるのが安全性はどうなのかという点。

バスは乗務員の運転技術や体調に任されている部分も大きいですしバス会社を選ぶ際には安全面にどれだけ気を配っているかを最優先にする方が良いでしょう。

またどうしても到着時刻が前後してしまうので調整できるよう予定を立てておきましょう。

さらに長時間体勢を変えにくい状況なのでその覚悟や対策はしておく方が良いと思います。

バスでの長距離移動は特に女性一人で行く長旅となると防犯的な面を気にするという人は少なくないでしょう。

ましてや長い移動時間に寝てしまうと無防備な状態になりますからできることなら近くに男性はいてほしくないというのが本音なのではないでしょうか。

そういうときにありがたいのが女性にだけ乗車が許された女性専用の車両です。

ひとつのバスの中に男女別の専用エリアを設けているものもありますがバスの中全員女の人というのは気楽さが違います。

乗るバスは安心感で選びたいところですね。

楽しい旅行を年に数回したいがために仕事や家事をこなしている方もたくさんいらっしゃると思います。

そう考えるとお金も時間も無駄遣いはしたくないですよね。

楽しくかつお得に観光するための方法なら移動に長距離バスを使ってみるというのはいかがでしょうか。

格安の料金設定が一番の魅力ですがメリットはそれだけではありません。

昼間なら最近流行りのSAで移動中も楽しめるでしょうし、夜の間に移動もできるので旅行前日に夕方まで仕事をしても翌日の朝ご飯から旅先を味わう!なんてことも可能なのです。

お金も時間も有効に使って思い出に残る旅にしたいですね。

長距離を移動中に気がかりなことと言えばスマホなどのバッテリーがどれだけ残っているか。

少し空いた暇な時間にいじっていると思っていた以上に減りが早い!という経験がある方も多いかと思います。

乗っている間に充電できる乗り物と言えば新幹線も挙げられますが実を言いますと夜行バスの中にもコンセント付きのものがあるんです。

情報サイトによってはその特集も組まれるほど求める利用者が多いということがわかります。

席一つ一つにあるというのもありがたい点ですね。

夜行バスで長距離移動するとなると便意を催したときが不安です。

夜間の移動なら寝るのでそれほど気にならないという人もいるかもしれませんが、目的地到着までには大抵数時間あるので確実に大丈夫という人はいないのではないかと思います。

移動中は決められた回数休憩をとらなくてはならないので何時間も行きたいのを我慢しなくてはならないなんてことはないのでしょうが、体調不良のために腹痛や車酔いになるなど即必要な状況というのも考え付かないわけではありません。

しかしそんな不安もトイレ付き車両ならば解消されます。

あると思うだけで安心感が格段に違いますからおすすめです。

夜行バスをはじめて利用するという人は車酔いや乾燥、むくみなどの対策を考えておくと良いでしょう。

乾燥にはマスクや飴、むくみには着圧ソックスやマッサージグッズがおすすめ。

また事前に乗降場所はしっかり確認しておきましょう。

大抵は普通のバスが出入りしているような場所ではないので乗降場所の地図は忘れず持参し時間に余裕を見て計画を立てておきましょう。

夜行なら移動中寝ることになるのでリラックスした服装にし歯ブラシなど身支度するためのアイテムも用意しておきましょう。

それから貴重品ケースなどで大事なものは身に着けておくと安心です。

夜行バスのランキングサイトなどでよく名前を見る会社についてのクチコミ等評判をまとめてみました。

夜行バスは女性も安心できる?超オススメ!【女性専用車両とかあるの?】 まず夜行バスに強いとされるVIPライナーに関して特に評価されているのは独自サービスの強みや設備の充実度のようです。

料金の安さが強みだというサンシャインツアーはその他選べるパックツアーやキャンペーンも良いのだとか。

またド派手なバスでも有名なWILLEREXPRESSについてはバスを選べる上心配りも細やかとのことで評価されているようです。

それぞれ選ばれる理由は様々ですが実際選ぶ際には安全面をどれだけ大切にしているかも考えたいところですね。

とにかく時間がかかるのが長距離バスの特徴のひとつ。

それが疲れる要因のひとつとも考えられますがいくつか対策を挙げてみます。

まず何もすることがなくて暇でつらいという人にはモニター付きの車両がオススメです。

本は荷物になるし酔うから避けるという人もモニターなら前を向いた状態でいられるので楽しめるのではないでしょうか。

そして座った体勢が続くのがきつい人は余ったタオルや毛布で枕を作って腰などにあてたり、または座席を倒す角度が大きくてより楽な格好になりやすい種類を選んだりするのがおすすめです。

トイレ休憩の際にちょっとしたストレッチをすると体が楽になりますよ。

移動に夜行バスを利用するメリットについて考えてみました。

第一に最大の利点として考えられるのはとにかく料金が格安という点でしょう。

もちろん安全面も考えますと安ければ良いとも言い難いところがありますのでその点事前にしっかり下調べしておかなくてはなりませんが、とにかく安く移動したい人にしてみたらこれほど嬉しいこともないと思います。

そして意外かもしれませんが時間を上手に使えるという点も。

夜行なら普段の就寝時間帯に車内で睡眠がとれるので翌日も時間に余裕をもってスケジュールをこなせます。

これは旅行でも仕事でも嬉しい点ですよね。

長距離移動の際の有り余る時間をどう有効活用するかは夜行バスの利用者にとって頭を悩ませるところでしょう。

寝るという人も多いと思いますがせっかくならこまごましたことを車内で済ませておきたい人もいるでしょう。

情報サイトなどを見てみると選択肢として無線LAN搭載の車がある会社もあるようでした。

仕事やゲームで移動中でもネットを使いたい場合も少なくないでしょうし、モバイル機器を持つ人が増えた昨今では需要が増えてきているのかもしれません。

もちろんこれを利用してパソコンやゲームをする人は光や音の漏れに注意しましょう。

普通でも料金の安さがウリの夜行バスですがよくある往復料金でもっとお得に乗れたりもするのでしょうか。

サイトなどを調べてみますと同一区間で行き来するというケースでは割引されるということもありそうです。

ただし往路のバスに乗車する前に往路と復路どちらの乗車券も予め購入する必要があるそうな。

とはいえそういった割引がない路線もあるらしいので事前にサイトなどで確認しておくことをおすすめします。

もとからかなりお安い料金設定なので期待しすぎない方が良いかもしれませんね。

夜行バスの本数が多い区間の一つに東京大阪間があります。

時間はかかりますが料金的には数千円とお安くなっています。

この区間で別の移動手段を使うとすると新幹線では時間は3時間で金額が14500円ほどと跳ね上がります。

また飛行機では乗っている時間自体は1時間と少しですがネックは交通の便と費用面で安くても一万円です。

このように比べていくと費用面でバスにメリットがありそうです。

もちろん場合によってお金以外の面を優先することもあるでしょうし自分が一番希望するものをはっきりさせておくと良いでしょう。

突然スケジュールが変更になったりすることもあるかと思いますが乗車日当日の夜行バスでも乗ることはできるのでしょうか?気になったところをチェックしてみますとバスに空席さえあれば乗せてくれるというところもありました。

本数の多い夜行バスなどでは確率が高いようなので情報サイトを駆使すれば見つけるのはそれほど難しくないのではないでしょうか。

人気の路線ならバスタイプなどを選べば見つかりやすいのではないでしょうか。

その日に乗れると言ってもきちんと予約を取っていなければ乗るのは無理ですので忙しくとも事前にとっておきましょう。