社会保険労務士と宅建の難易度って?

社会保険労務士と宅建の資格、どちらも難しい資格ではありますが、実際のところどちらが難易度が高いか知っていますか?一般的には、宅建よりも社会保険労務士の方が難しいとされています。
宅建の場合は法律的なこともありますが、土地や建築物に関しての知識を身につけておくと対応はできます。
しかし、社会保険労務士となると保険に関する資格になるので、用語もややこしくわかりづらいのが特徴なんです。
また、試験問題が難しくなる傾向にあるということもいえます。
なので、暗記も必要ですが、それ以上に問題に柔軟に対応していく力も求められるんです。
そして、法律的に覚えることがたくさんあるというのもいえるでしょう。
そのため、宅建よりも社会保険労務士の方が難しくなっているんです。
社労務資格難易度の高さは?合格率低い?【勉強のポイント】