介護福祉士の資格のメリットとは?

私は介護福祉士の資格を持っています。
高校を卒業後、福祉とは全く関係のない四年制大学に進学したのですが、その大学時代に自宅の近所にある「高齢者デイサービス」でボランティア活動をしたのをきっかけに、福祉の世界に興味を持つようになり、大学卒業後は就職せずに介護福祉士の資格が取得出来る専門学校に進むことにしたのです。
両親、特に父は大反対でしたが、私はその反対を押し切って進路を決めました。
私は生まれた時には既に2人の祖父がなくなっており、祖母とも同居したことがなく、あまりお年寄りと接する機会のない人生を歩んで来たのです。
しかし、ボランティア先でお年寄りのサポートをすることで、皆さんの温かさに触れ、どうしてもお年寄りの力になる仕事をしたくなったのです。
専門学校には、私のように大学を卒業して、あるいは脱サラして入学している方が沢山いました。
ですから、すぐに力強い友人たちができ、とても濃密に2年間を過ごすことが出来ました。
そうして私は真面目に勉強に取り組み、国家試験を兼ねた卒業試験に見事主席で合格したのです。
そうしてようやく、父は私の強い意志と結果を認めてくれました。