FX取引でシストレは本当に必要か?

FX取引でシストレはどうしても必要なのかと言われれば、その答えはYESです。
どうしてかと言えば世の中のFX取引のスピードがシストレのスピードに合ってしまっているためです。
昔の自動車の運転はクラッチを踏んでギアを1速に入れてそろそろとスタートさせていましたが、現在ではそのようなことをしている人はほとんどいません。
FX取引も同様で、あらかじめ条件式を設定して後は相場の推移を見守るだけと言うスタイルが主流です。
自分が取引に入り込んでしまうとかなり疲れますが、自動発注なので自分が設定した範囲に相場が動くと発注してくれますから、随分と楽です。
取引の効率が全く違うという点と、他の参加者が使っているため使わないと著しく不利になるという理由でシストレは必需品なのです。