AGA治療薬として知られているプロペシア

AGA治療薬として知られているプロペシアは処方箋をもらうために通院しなければ買う事ができません。

市販薬とは異なるのでドラッグストアでは取り扱いがなく自由診療なので保険の適用外でした。

近年ではプロペシアにもジェネリックが開発されたので従来の半額以下で同じ効き目の薬品を手に入れる事が可能になりました。

ジェネリック医薬品とは後発医薬品とも呼ばれ先発医薬品と同じ有効成分を使いますが味や形状を変えることもあります。

安全性や有効性は先発医薬品で認められていますから短期間で開発できコストが抑えられるので安価で提供できるのです。

AGA治療に真剣に取り組むのであれば日々の生活習慣にも気を付けなければいけません。

仕事が忙しいからとファストフードやコンビニ弁当が主食になっているようでは栄養が偏ったり塩分が多くて血行不良になってしまいます。

日頃から髪の素となるタンパク質やビタミンを多く摂取するようにし亜鉛もしっかり摂ることで抜け毛や白髪の予防をしていくことが大切です。

ビタミンは緑黄色野菜などに多く含まれており亜鉛は牡蠣や牛肉などに多く含まれていますよ。

緑茶に含まれるカテキンは血圧の上昇を抑えてくれるばかりでなくリラックス効果もあるためストレスにも有効です。

AGA治療を安くしたいのなら市販薬を使うのが良いと思います。

数多くのメーカーからミノキシジル配合の製品が販売されていて薬剤師がいるドラッグストアで買う事ができます。

ネットではミノキシジルの個人輸入を紹介するサイトもありますが安全面で疑問がありますのでお勧めできません。

頭皮の血行促進がミノキシジルの育毛効果なので同等の効果がある保険が使える医薬品で代用することもできます。

ストレスを溜めない事や脂ものを控えてヘルシーな食生活を送ることもAGA治療には有効です。

AGA治療を考えているけど何科なのか分からないという人もいると思います。

AGA治療は基本は投薬治療ですから内科か皮膚科に行けばプロペシアを処方してもらえると思います。

ただし、病院によってはプロペシアを処方してくれないところもありますので受診の前に確認したほうが良いと思います。

又、一般病院のお医者さんはAGA治療が専門に行っているわけではありませんのでAGA専門のクリニックのほうが専門性が高いのは間違いありません。

中にはより薄毛に効果が出やすいように独自調合しているクリニックやメソセラピー治療も受けられるクリニックもありますので、せっかくAGA治療をするのであれば専門クリニックのほうが断然おすすめです。

AGAは遺伝により発症するため個人の体質が大きな要因となります。

AGA治療は対症療法なので薄毛が完全に治るというものではありません。

そのため、AGA治療をストップしてしまうと再び進行しはじめてしまいます。

しかし、AGA治療薬にも副作用の危険性はありますから一生使うというのも心配がありますし、費用もばかになりません。

ですから、一定のところまで薄毛が改善したと判断できたらAGA治療を途中でやめると言うのも1つの選択肢としてありだと思います。

AGAのコマーシャルに出ていた最初の芸能人はお笑いコンビの爆笑問題のお二人でした。

彼らがCM中に歌っていた「お医者さんに相談だ~」という歌は毛髪の悩みという暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

このコマーシャルのおかげか、AGA治療も一般的になりAGAの治療中と公言している芸能人の方も増えましたよね。

俳優さんやロックシンガーの方が育毛剤などのCMに起用されることも増え、AGA治療に踏み出しやすくなったと思います。

参考:育毛スタイル|私が試してみた育毛剤の写真付き体験談

最近ではフサフサな人がCMに起用されているので育毛の必要性のなさに違和感が拭えませんが薄毛の人が起用されると、全然治療の成果がでてないじゃんと思われてしまうのかもしれませんね。

薄毛・抜け毛にお悩みの方は、まずAGA治療は病院で診察してもらい治療薬を処方してもらうことが大切です。

保険適用外ですので、全額実費となりますが市販されている薬よりはるかに効き目があります。

でも、プロペシアは副作用が怖いという人にはミノキシジルという薬もAGA治療には有効ですから、そちらを使うのも良いでしょう。

この薬もプロペシアと同様にAGA診療ガイドラインで認められていますので信頼できる薬といえます。

ミノキシジルには頭皮に塗布する塗り薬と内服薬がありますが、国内でAGA治療に認可されているのは外用のものだけとなっています。

AGA治療は保険適用はありませんので医療費は100%自腹になります。

プロペシアは医薬品なので医師の処方箋が必要なため1回あたり3000円程度の受診料がかかります。

その上、万有製薬の公式価格ではプロペシアが1錠250円しますから1ヶ月で1万円を超える治療費がかかることになります。

ミノキシジルは育毛剤にも使われる医薬部外品なので薬剤師がいる薬局なら誰でも買う事ができます。

ミノキシジルを5%も配合している育毛剤にはリアップX5がありますがこちらもプロペシアと同じくらい高価な育毛剤です。

AGA治療は保険適用外なので費用は全額自己負担になります。

日本でAGA治療が開始された当初、治療薬は万有製薬のプロペシアしかなく1ヶ月で1万円近くの費用が掛かってしまうのが普通でした。

又、保険が適用されない医薬品はドラッグストアの市販薬と同じ扱いなので値段は各販売店で自由に設定することができます。

そのため、処方箋薬局で購入する薬品であっても価格差があり販売店によっては数千円の価格差も生じるのです。

また、診察を受けなければ処方箋を出してもらえないため再診料や診察料も必要となります。

AGA治療に効果があるとされる薬品にはプロペシアという飲み薬やミノキシジルと呼ばれる塗り薬があります。

プロペシアは男性ホルモンの生成を抑制しヘアサイクルの乱れを改善する効果があります。

ミノキシジルは血管を拡げて血行を促進させる働きがあり発毛を促進する効果が期待できます。

しかし、両方の薬とも発毛剤として開発された薬品というわけではなくもともとは、プロペシアは前立腺がん、ミノキシジルは高血圧の治療薬といして開発されました。

2つの薬とも薄毛を改善し、発毛を促進効果があることが発見されたため今ではAGA治療薬としても用いられるようになりました。