留学生や外国人でも教育ローンを借りられる?

高校生の学費なら安いのでは思う方もいるかもしれませんが、私立であれば年間70万円以上も学費が必要になります。

学費が払えないということになったらどうなってしまうのか?除籍や退学を迫られる可能性もあります。

高校は教育機関のため、一定の猶予が与えられますが3か月以上滞納してしまうと、除籍もしくは退学という道を選ばざるを得ないかもしれません。

学費の支払が滞ってるとなると解決方法には借金しかありませんが借りる際には借入先は慎重に選びましょう。

国の教育ローン(教育一般貸付)であれば世帯年収が低い方のための教育ローンですので安心して借りることができます。

カードローン型と呼ばれる教育ローンがあることを知っていますか?普通のカードローンと同じでカードの限度額の範囲内であれば自由に借り入れや返済を繰り返すことができるローンです。

普通のカードローンと何が違うかというと教育資金以外に使えないことです。

消費者金融や信販会社に多い商品ですが一部の銀行でもカードローン型を提供しています。

学費がわかりやすい初年度は一括借入れ型で詳細が読みづらい2年目以降はカードローン型という金融機関もあります。

アルバイトでも収入があれば教育ローンを借りることは可能です。

ただし、融資を受けるには条件があり20歳以上の成人でないと借りることができません。

また、融資を受けるには安定した収入が必要となっているところが多いので勤続年数は最低でも2年以上必要と言われています。

返済能力も審査に通る上で重要なポイントとなりますので最低でも200万円以上の年収は必要になると思っておきましょう。

いずれにせよ、借主が学生本人というのはレアケースなので奨学金のほうが可能性が高いと言えます。

学費目的と言ってもお金を借りることに変わりはありませんので借主は貸借契約を結べる人間でなければいけません。

そのためには借入者が成人であることや安定かつ継続した収入があることが不可欠となります。

また、仕事を辞める予定がないことや家賃や光熱費などすべて自分の稼ぎで支払えていることも重要になります。

国の教育ローンよりも三井住友銀行やみずほ銀行などの教育ローンのほうが融資が認められる可能性は高いでしょう。

教育ローンを知っていますか?教育ローンとはローンの使途を教育関係の費用に限定したローンになります。

受験を控えた学生の親御さんなどが学費などの支払い目的で教育ローンを組むという方が多いようです。

義務教育以上の学費や私立の小・中学校でもローンの対象となります。

教育ローンの融資を行っている金融機関は銀行やノンバンクが取り扱っています。

事前に確認しておきたい点として、借入先によって保育園にかかる費用や習い事には教育ローンが利用できない場合があります。

ろうきんは会員が出資し会員同士お互いを助けあうことを目的とする非営利団体です。

銀行やノンバンクなどの営利目的ではありませんので金利は2から3%程度になっています。

融資の限度額は1000万円から2000万円と高めのとなっており返済期間は15年から20年で長期ローンになっているのが特徴です。

一般の人でも借りることはできますが労働組合や生協組合などの会員は優遇金利が適用されるケースが多いです。

地方の労金の場合になると、入学金や学費以外にも子供への仕送りや下宿代に利用することも許可しています。

教育ローンと奨学金は教育費と言う点では共通ですがそれぞれ異なるものです。

教育ローンは借り入れ人は保護者ですが奨学金というのは学生本人に対して貸し付けられます。

借り方にも違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれるのですが奨学金は毎月ごとに定額で振込まれるのが基本です。

利息についても違いがあります。

教育ローンは借りた日の翌日から利息が発生するのに対し奨学金に関しましては、在学中には利息は発生しません。

返済開始の時期は教育ローンは借りた翌月から始まりますが奨学金は卒業後になります。

学生や外国人留学生が教育ローンを利用するというのは基本的にはできないと思われます。

参照:http://www.next-right-thing.org/gaikokujin.html

教育ローンもローン契約ですから融資を受けるには審査を通過する必要があります。

審査を受けるため用意しておかなければいけないものがあり、本契約までに全て用意しておかねばなりません。

ネット申込みの場合、借入申込書は不要ですが源泉徴収票などの収入を証明する書類は必ず必要です。

そのほか、運転免許書など本人確認書類や家賃や公共料金の支払いが確認できる領収書あるいは通帳のコピーが必要になります。

しかし何より一番肝心な書類は在学していることが確認できる書類や、合格通知や入学許可書ということになります。

教育ローンを比較するならランキングサイトがオススメです。

金融機関に出向いたり資料請求する手間はかかりません。

金利や借入可能額は表になっているので一目で比較ができます。

表の中には、来店の有無やローンのお勧めポイントが掲載されているサイトもあります。

ランキングサイトから銀行のリンクが貼られていることが多いので手間が掛かりません。

教育ローンという学生のためのローンを提供している金融機関は銀行や信販会社などたくさんあります。

その中で1番おすすめしたいのは教育一般貸付という国の教育ローンです。

最高融資額が350万円と少なめですが、1.76%という低金利の上、固定金利なので安心です。

大学や高校に限らず専門学校や予備校などにも認められています。

使い道も入学金や授業料に限ったことでなく定期代や賃貸住宅の支払いなど広範囲に認められています。

教育ローンの返済方法をお知らせします。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から始まります。

利息に関しては、借りた日の翌日から発生するのですが、埼玉りそな銀行などは在学中は利息のみでOKとしています。

教育ローンの返済期間についてですが医療系の就学費用などで最長20年というものがあります。

しかし、返済期間が長引けば長引くほど返済金額はどんどん大きくなりますので注意しなければいけません。

教育ローンと言ってもいわゆる借金ということですので返済シミュレーションを行い、事前に返済プランを確認しましょう。

金利が低い教育ローンと言えば教育一般貸付(国の教育ローン)です。

年1.76%という低金利なので銀行や信販会社のローンよりもお得です。

一般的に銀行で3から5%、信販系は5から10%という金利が多いので国のローンがいかに低金利かがわかりますね。

学費以外に在学のために必要となる住居費用や修学旅行費用など教育資金であれば使途の範囲はかなり広く認められています。

ただし、国の教育ローンは世帯年収の上限額が決まっており、対象となるのは中学校卒業以上の子供になります。

教育ローンの申し込み方を紹介します。

申し込み方法には郵送でも申し込めますしインターネットなどで申し込むことも可能です。

郵送の場合は最初に電話などで借入申込書を請求してください。

その後届いた書類を記入し、返送します。

インターネット申し込みを利用する場合は事前診断コーナーが設けられていますのでそちらを利用することで借り入れ可能か診断することができます。

仮審査を申請するのもネット上で行うことができますし24時間受付け可能な点も便利です。

無事に仮審査申し込み手続きが完了したら受付け完了メールが届きますので忘れずに確認しましょう。

国が貸し付けている教育ローンをご存知ですか?国の教育ローンは日本政策金融公庫(日本公庫)が取り扱っています。

教育一般貸付(国の教育ローン)と呼ばれるローンで、最高350万円まで融資を受けることができます。

金利は年1.76%という低金利となっており固定金利なので利子の心配はあまりありません。

子供の人数や年収によって融資を受けられる所得の上限額が変わってきます。

融資された資金の使い道は民間の融資機関よりも幅広く入学金や授業料はもちろんのこと、受験時の交通費やパソコン代なども認められています。

教育ローンの受け取り方として全額まとめて振り込まれる一括借入れ型があります。

要は住宅ローンのように一括で全額受け取るタイプの融資です。

銀行が提供している教育ローンの大多数はこの一括タイプになります。

一括借入れ型の特徴はローンの契約が成立すると同時にあわせて返済金額も明確に分かります。

返済計画が立てやすい一方、想像以上に学費等に費用が掛かってしまった場合、新たにローンを組む必要性がでてきてしまいます。